きびだんご王国 | 桃太郎伝説ときびだんごについて、岡山の有志が集まって楽しく語るサイト

きびだんご王国 桃太郎伝説

ホタルの住む脳でいたい

ホタルの光

先日、岡山の市街地を流れる西川という小さな川にホタルを定着させようという運動を展開したことがある人物に出会った。西川というのは、岡山県三大河川の一つである旭川の合同堰から水を取り入れた、もともと農業用の用水である。岡山の中心街を流れている。

で、成果はどうだったのかと尋ねると、うまくいかなかったそうである。この人物の話では、なんでも川が街の中心部にあり、夜もネオンの明かりなどで照らされ続けるため、ホタルの棲息に適さなかったとのことである。

ネオンがどの程度障害になるかは私にはよくわからないが、確かに市内中心部にホタルというのは無理がありそうだ。そもそも西川は護岸工事がされている区間が大半を占める。ここでいうホタルとはゲンジボタルかヘイケボタルのことだろうから、幼虫は川の中でカワニナを食べて育つが、蛹になるのは川岸の土の中なので、護岸工事はこれらのホタルにとって致命的である。まさか、こうしたホタルの生態を知らずに西川に放流したのだろうか。だとしたら無謀と言わざるを得ない。

ところで、幼虫は川の中で、と書いたが、これは驚くべきことである。というのも、世界中でホタルは2000種ほどいるらしいが、その中で幼虫が水中で過ごすのはほんのわずかだ。たまたまその内の数種類が日本に集中しているのだ。つまり、ゲンジボタルとヘイケボタルなどであり、これらは特殊なケースなのだ。

ちなみに、ヒメボタルというどちらかというとマイナーなホタルがいて、こちらの幼虫は陸生で、カタツムリなどを食べている。が、実はこれこそがホタルの国際標準なのだ。ホタルの幼虫は陸上、これが常識であり、ゲンジボタルやヘイケボタルのように幼虫が水中というのは非常識なのである。ここでも竹村健一が言うように、日本の常識は世界の非常識という構図が確かめられた。

それはともかく、ホタルの放つ光は美しい。日本の初夏に欠かせない風物詩である。しかし、実は幼虫も光るということをご存知だろうか。そうなのだ。幼虫も光るのである。だから、その気になれば冬だってホタルの光が楽しめるのだが、なぜか冬の風物詩にはならない。ちなみに蛹も流行に遅れまいと発光する。ただし土中なのでなんの効果があるのかよくわからない。また、成虫になっても発光しない種類もある。

で、話を元に戻すが、先の人物はホタルが戻ってくるほどきれいな川を再生したいという運動をしていたわけだ。護岸工事をした川はもはや川ではなく単なる水路だというのが私の見解だが、それでも汚い水が流れるよりはきれいな水が流れた方がいいに決まっている。実際、旭川と西川の水質は、私が子供の頃よりも良くなっているようだ。ただし、それよりもっと前、私の父が子供だった頃には遠く及ばない。父は子供の頃、西川でよく泳いで遊んだと言っていた。私は誰かが泳いでいるのを見たことがない。今は泳ぐことなどありえない有様だ。

都市化とは脳化だと養老孟司は言う。つまり、都市とはヒトの脳の中で考えたことが具現化された姿に他ならないという考え方だ。だとすると、我々の脳の中からホタルのような懐かしい仲間が消えつつあるということを意味していないだろうか。果たして私の脳の中はどうだろう。幸い、近代的な大都会にはほど遠い、かなり時代遅れの風景が残っているようだ。

だからだろう、よく古いと言われる。

 

きびだんご王国のFacebookページは、コチラ

カテゴリー : もろもろ

iうちわ

ここのところアップル製品が世界を席巻している。一昔前のソニーが鎮座していた王の座は今やアップルのものだ。

かつてトランジスタ・ラジオやウォークマンが革新的な製品として人々のライフスタイルさえ変革してしまったように、今やアップルの製品が未来を切り開いている。iMacに始まり、iPod、iTunes、iPhone、iPadとその快進撃は留まる所を知らない。もうじきiTVの登場により、いよいよ総合的な家電会社へと変貌を遂げるともうわさされている。

しかし、天才スティーブ・ジョブズ亡き後、果たしてこれまでのように革新的な製品を生み出し続けることが可能なのだろうか。iTVは恐らくiTunesからダウンロードした映画がハイビジョンで見られるのがウリだろう。それに様々な機能が付き、コンピュータとしても、また自宅の監視カメラとしても使えるような製品だと思われる。

だが、私がCEOならその程度のテレビでは満足しない。ここはひとつ、匂いがするテレビを開発したいものだ。例えば料理番組を見ているとその料理の匂いがテレビから漂ってくるというスグレモノだ。匂いを電波で飛ばせばよい。なに? それは難しい? だったら、例によってパロアルト研究所から技術を盗んでくればよい。(パロアルト研究所とは、1970年にゼロックスが開設した研究開発企業。MacやWindowsのGUIもここで生まれた技術。)

う~む、テレビだけでは物足りないぞ。さらに深く家電の世界に飛び込もう。i洗濯機はどうだ。これはすごいぞ。なんと洗濯物がダウンロードできる。って、意味不明だな。失礼しました。気を取り直してiコンロはどうだ。タッチパネルになっていて指一本で触れると触れた場所が熱くなる。親指と一差し指で触れておいて指を広げると熱源が拡大し、二本指で触れたまま動かせば熱源を自由に移動できる。

また、家電ではないが、極薄のペーパー液晶で服を作れば面白い。服の色と柄は好きな時にダウンロードすれば自由自在に変えられる。歩きながら角を曲がったとたん、全く別の色と柄に変身というのも可能だ。ネクタイくらいならすぐにでも実用化できそうだが…

いや、所詮アップルは他人の会社だ。私がこれ以上口を挟むのは僭越というものであろう。何かやりたかったらきびだんご王国でやればよい。

とはいえ、きびだんご王国には家電を開発するほどの予算はない。できるとすれば、せいぜいソフトウェア開発くらいだろう。そうだ、iPadのアプリケーションを作ろうではないか。今から開発すれば夏までには完成するかもしれない。今年の夏も暑そうだし、クールビズのためのキラー・アプリというのはどうだろう。

名付けてiうちわだ。うちわといってもただのうちわではない。岡山が世界に誇る撫川うちわだ。この撫川うちわをiPad用のアプリにするのだ。使い方だが、アプリをダウンロードしてアイコンをクリックすると、iPadのスクリーンいっぱいに撫川うちわの画像が表示される。その画像が表示された状態でiPadをパタパタと振って風を起こすのである。まさに究極のエコアプリと言えよう。

なに? うちわアプリなら既にあるって!? みんな考えることは同じだな。でも撫川うちわはまだないはずだ。同じうちわアプリでも撫川うちわは風のクオリティが違うのだよ。

 

きびだんご王国のFacebookページは、コチラ

 

カテゴリー : もろもろ

桃太郎 vs 温羅

岡山では毎年、桃太郎祭りと温羅じゃ祭りという二つの祭りが同じ時期に行われている。

サラリと書いたが、よく考えるとこれほど不思議なことはあるまい。桃太郎と温羅は戦をして殺し合った敵同士だ。桃太郎は朝廷側、温羅は朝敵だ。つまり、天皇万歳派と天皇クソくらえ派の祭りが同時期に開催されているのだ。なにかヤバくないだろうか。

もともと二つの祭りは4月と10月に別々に行われていた。それぞれの祭りに地元の二つのテレビ局が関わり、互いに集客力を競っていたらしい。相当な赤字が出ていたようだが、そこはプライドがあり、互いに譲るわけにはいかなかったようだ。

ところが、どうせなら一緒にやったらどうか、という提案がなされた。一緒にやることでより大きなイベントになるとでも思ったのだろうか。二つの祭りの本質を考えると祟りが起きても仕方がない気もするのだが。

さて結果はどうかというと、ひとつに統合(実は夏まつりおかやまも一緒になったので、三つのイベントが統合されたことになる)したことにより、競争がなくなった両陣営は共に予算を削減することにした。こうして、二つの祭りはショボくなった。ショボいと言えば温羅じゃ踊りの音楽もショボいな… それはともかく、岡山の祭りが青森のねぶた祭りや徳島の阿波踊りのようなメジャーな存在になる日は来ないだろう。

どうせやるなら、全国から観光客が呼べるような盛大な祭りにしたいものだ。大いに吉備の国を盛り上げようではないか。しかし私の知る限り、全国放送で岡山の祭りが取り上げられたのを見た事は一度もない。NHKの中国地方版ニュースでさえ、あっさりスルーしていた。確かに温羅じゃ踊りは一昔前の原宿の竹の子族のような踊りだし、なんかオリジナリティがないんだよね。

まあ、岡山には西大寺のはだか祭りがあるからいいか。

 

きびだんご王国のFacebookページは、コチラ

カテゴリー : もろもろ

きびだんごテーマパーク

岡山では市中心部に総合病院を誘致して活性化を図ろうなどというロクでもない計画が進んでいる。推進派は主に地元の商店街の人々で、閑古鳥が鳴いている商店街に再び賑わいを呼び戻す起爆剤として病院誘致を切望しているそうである。

断言しよう。病院など誘致しても商店街に賑わいは戻らない。

なぜか。病院という存在が暗いからである。岡山は全国でも有数の病院王国である。とにかく病院が多い。だが、病院のまわりで商売が活気づいているところは私の知る限りひとつもない。せいぜい薬局が乱立するくらいが関の山である。

だいたい、病院のまわりで食事をしたり、買い物をしたりしたいだろうか。私なら、病院には近づきたくないし、たとえ用があったとしても、用が済んだら出来る限り病院から遠くへ逃れたいと思う。自分が病人として病院に行くのも嫌だが、誰かの見舞いに病院へ行くのも気が滅入る。とにかく、病院というのはいても楽しくない所なのだ。

こんな楽しくない施設を商業地域の中心に誘致しようというのは、商売人としては自殺行為である。どうして気がつかないのだろう。彼らはすでに政治家などに取り入り、着々と計画を勧めているようだが、可哀想に、これで商店街の息の根が止まるだろう。

ところで、病院の暗いイメージを払拭する方法はあるのだろうか。そもそも病院という名前が暗い。誰が付けたか知らないが、これでは近づきたくなくなるのも当然だ。そこで、病気ランドというのはどうだろう。あるいは病人パークとか病人園とか病の里とか。この際、病院の中に映画館や遊園地も加えて、知り合いの手術中にホラー映画を見たり、バンジージャンプで恐怖を満喫するというのはどうだろう。う〜む、だめだ、無理がある。やっぱり病院は楽しくない。

病院の誘致なんかやめて、きびだんごテーマパークでも作ればいいのに。

 

きびだんご王国のFacebookページは、コチラ

カテゴリー : もろもろ

きびだんごのヘソ

岡山の老舗菓子舗つるの玉子本舗のきびだんご

きびだんごには、実はヘソのあるものとないものがある。ご存知だろうか。

売店などに行くといろんなきびだんごが揃っているが、実はその製造工程にはかなりの違いがある。

原材料を高温の釜で煮るところまでは多分同じだが、最後に丸い形にする行程が決定的に違うのだ。大きく分けると、一粒一粒絞り出すタイプのきびだんごと、一粒サイズにねじりながら刃物で切り分けて行くタイプのきびだんごに大別される。

前者は最新の機材に多いタイプで、ヘソはできない。一方、後者は原始的で、必ずといっていいほどヘソができる。

ヘソがない方が見た目が奇麗だという人もいるが、私はヘソのあるきびだんごに愛着を持っている。

もちろん時代の流れには逆らえず、やがて全てのきびだんごからヘソがなくなる日が来るであろう。どうかお手元のきびだんごをよく見てほしい。ヘソがあれば、それはレトロなきびだんごなのだ。

(※上記の写真ではわかりずらいが、右下にヘソが見える。)

 

きびだんご王国のFacebookページは、コチラ

カテゴリー : きびだんご